名古屋のホームページ制作・WEB集客ならブルーオーシャンへ

助成金活用支援

助成金で資金・人材の問題を解決

ブルーオーシャンはJマッチ事務局(株式会社ライトアップ)と提携して、国や自治体が中小企業支援の経営支援のために用意した年間3000種類の公的支援制度を活用し、中小企業がしっかりとした「人材育成(社員研修)」を実現する支援をしています。

コンセプト

助成金を活用して中小企業のIT化を促進
国税庁の調査では、中小企業の70%以上が赤字であるというデータがありますが、日本経済の大きな課題として中小企業の黒字化があります。

では、どうしたら黒字を実現できるのでしょうか。中小企業庁が7年間に渡り3428社の経営状況を調査した結果「IT化を実施すると経常利益が1.46倍に増加する」事がわかりました。その一方で企業のIT化を阻む主要因が「導入コスト(資金)」および「社内IT人材の不足(人材)」であることが判明しました。

そこで、「資金」「人材」の問題を同時に解決する方法として、社員研修に国が中小企業支援の一環として提供している公的支援制度を活用する仕組みをつくりました。これにより、中小企業様が助成金を活用して、様々な社員研修を実質費用負担なしで受講することができます。

これまでの助成金活用の問題点

助成金、補助金は以前からありましたが、存在は知っていても
・助成金、補助金の数が多すぎて、どの助成金が使えるかがわからない。
・手続きが煩雑で、申請できる社労士が身近にいない。
など問題点があり、実際に活用している企業は多くありませんでした。

そこで、
「活用しやすい制度の選択、選別のAI化」「申請書類をIT化・テンプレ化」「無料の勉強会で対面できちんと説明する」
などによって、煩わしい申請手続きに時間をとられることなく、誰でも簡単に助成金が活用していただくことができるようになりました。

助成金を申請する場合の収支

助成金を申請することによる企業様の収支は下記のようにになります。研修費と申請経費を差し引いても、プラスになります。資金面の心配なく社員に投資することができます。

人材開発支援助成金を申請した場合の収支(例)

助成金   +90万円~180万円
社労士費用 -15万円~27万円
研修費用  -60万円(仮)
___________________
合計    +15万円~95万円

どんな研修が受けられるか

受講可能な社員研修(助成金対象研修)の例

SEO対策研修 ※社内にSEO担当者を育成することができます。
マネジメントゲーム(MG)研修  ※孫正義絶賛の管理職研修です。大手企業を中心に1万名が受講済。
HP制作研修  ※社内にHP制作担当者を育成することができます。研修受講後、HPがひとつ完成します。
その他、新人研修、営業研修、Android研修など幅広い研修メニューをご用意しております。

⇒社員研修の詳細はこちらのページでご紹介しています

助成金の受給資格は

下記、助成金受給条件に合致している企業が対象です。ほぼすべての中小企業が対象となります。
□ 従業員を1名以上雇用している(週20時間以上勤務しているアルバイトや契約社員を含む)
□ 半年以内に会社都合の解雇をしていない
□ 雇用保険、労災保険、社会保険(厚生年金、健康保険)に加入している
※但し、下記は社会保険の加入は不要
・従業員数5名未満の個人事業主
・飲食業、士業の個人事業主(従業員数5名以上の場合も)
・週の勤務時間が20時間(目安)以下のパートやアルバイト

助成金と社員研修について詳しく知るには

1.勉強会に参加する

定期的にJ-マッチ事務局主催の助成金活用勉強会を開催して、最新の助成金情報をお伝えしています。まずは助成金(公的支援制度)活用勉強会にご参加ください。参加費は無料です。最新の日程はセミナー情報ページに掲載しておりますので、下のリンクからご確認下さい。

⇒公的支援制度活用勉強会

2.興味はあるが、お近くで勉強会の開催がない場合

興味はあっても、お近くでセミナーの開催がない場合は、個別にご説明させていただきます。お気軽に下のリンクからフォームでお問い合わせください。

⇒お問い合わせフォーム

3.すぐに、助成金がいくらもらえるか知りたい

受給できる助成金額を今すぐ知りたい方は、たった3分で受給金額が分かる診断ツールをご活用ください。御社の経営課題の解決策と、受け取れる助成金の金額がわかります。

⇒診断ツールで助成金がいくらもらえるか確認する

Copyright 2018 ストリートビュー・MEO・ウェブ制作のブルーオーシャン